SocialGood | 社会を良くする仮想通貨

産経新聞社2018年10月1日報道 「『仮想通貨ソーシャルグッド』、海外投資家から33億円を調達」  日本で唯一 米国証券取引委員会(SEC)に登録済みのICO

Social Good プロジェクトとは、「社会を良くする」をVisionとした、
国家・人種・宗教・文化の違いを越えて、全世界の人が参画できるグローバルな活動です。

仮想通貨SocialGoodの保有者は、買い物をすることでキャッシュバックを貰える上、その一部が社会貢献団体に自動的に寄付される仕組みです。寄付先はAIアルゴリズムが選定します。

仮想通貨を活用したキャッシュバックシステムに関するビジネスモデル特許を2018年1月に日本と米国で出願済みで、大学や大手企業と提携して、このグローバルなブロックチェーン・プロジェクトを進めています。2018年4月末にリリース以来、SocialGoodは既に世界中で3万人以上の人が保有しています(2018年9月末時点)

あなたもSocial Good Projectに参加して、一緒に社会を良くしていきましょう!

注:日本居住者はまだ購入できません。詳しくは社長ブログご参照。

代表取締役社長 高岡壮一郎インタビュー
2018年2月:日本語 SocialGoodが目指すものと、ビジネスモデル特許について
2018年9月:英語 Looking for Ways to Improve Society? Try Applying the Blockchain!

Media & Publicity About Our Partners

The Wall Street JournalForbesNewsweekReuters、日本経済新聞、日経ビジネス、朝日新聞、読売新聞、NHK「日本のこれから」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、 TBS「バンキシャ」、週刊ダイヤモンド、東洋経済、エコノミスト、週刊文春 他

VISION
Social Good エコシステム™に参画して、社会を良くしよう

私たちのすることはすべて「世界を良くする」という信念に基づいて行動しています。私たちが世界を変える手段は、仮想通貨SocialGoodで世界中がつながり、すべての個人・企業、そして社会全体がWin-Win-WinになるSocial Good エコシステム™を拡大していくことです。

私たちは個人・企業・社会が繋がることで、「好きなことをすればするほど、自動的に世の中を良くする」、そんなエコシステムが世界に広がることを望んでいます。
AIとブロックチェーン技術(特許申請)に支えられたSocial Good エコシステム™の中では、あなたが買い物をするたびにキャッシュバックを得ることができます。そして、キャッシュバックの一部はAIによって自動的に社会貢献団体に寄付されます。その行いがFacebookやInstagramなどのSNSでバイラルされる仕組みを通じて、あなたの社会的評価は高まっていきます。

すべての参加者がWin-Winとなる、Social Good エコシステム™へようこそ。

Save The Children
セーブ ザ
チルドレン
イギリス
Grameen Bank
グラミン銀行
バングラデシュ
MSF
国境なき医師団
フランス
B&MGF
ビル&メリンダ
ゲイツ財団
アメリカ
UNESCO
ユネスコ
フランス
WWF
WWF
アメリカ

「社会を良くする」と宣言しているマーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツ、イーロン・マスクやウォーレン・バフェットのような成功者と同様のインパクトで、あなたも社会を良くすることができます。

TEAM
確かな実績があるプロフェッショナル達

高岡 壮一郎
Soichiro Takaoka

東京大学卒、三井物産入社を経て、あゆみトラストグループ を創業。海外証券会社、金融庁登録投資助言会社等、フィンテック領域での新規事業立ち上げの実績を有する。
>> 高岡 壮一郎の詳しい経歴をみる

西村 利男
Noriaki Ishikura

元シティグループ マネージングダイレクター(営業部門責任者)。ソロモンブラザーズ(後にシティグループ)にて機関投資家向けの営業を中心に25年の実績を有する。

米倉 誠一郎
Seiichiro Yonekura

ハーバード大学院卒。一橋大学イノベーション研究センター教授等を歴任後、一橋大学特任教授。イノベーションを専門に研究。ムハマド・ユヌス率いるグラミン銀行との邂逅を契機に日本におけるグラミン・スペシャルアドバイザーに就任。社会起業に関する提言を行う。

高木 友博
Tomohiro Takagi

明治大学理工学部情報科学科教授 工学博士。計算型人工知能における世界的権威で、カリフォルニア大学バークレー校コンピューターサイエンス学科客員研究員、ソニー・パナソニックとの共同研究実績を有する。高精度リコメンドエンジン、高精度ターゲティングに関する先端的研究を行う。

横山 直樹
Naoki Yokoyama

東京大学卒、日興証券株式会社にて常務取締役、SBIグループ運用会社代表取締役等を歴任。企業会計審議会委員、金融制度調査会委員、商品取引審議会委員を歴任。

山中 悠
Yu Yamanaka

多国籍AIスタートアップ等を経て、スイス企業CTOとしてICOで10億円を調達。MAU1500万人のWebメディア運用から、JCB、 DNP、 Google等の一流企業向けのシステム開発まで幅広い技術スタックを保有。日本ブロックチェーン協会会員。

小林 久仁
Hisahito Kobayashi

ハーバード大学院卒。三菱UFJフィナンシャル・グループの持株会社・子会社にてグローバルな内部監査及び関係監督官庁との折衝を担った実績を有する。

河野 英仁
Hideto Kohno

河野特許事務所所長。著書に「Fintech特許入門~Fintechブロックチェーン技術を特許で武装せよ」(経済産業調査会)。当事務所は、IT知財分野で40年の実績を有する。

創業者の高岡壮一郎は日本を拠点にグローバルに活動する起業家です。
以下の通り、グローバルなフィンテック事業であるSocial Good エコシステム™の拡大に相応しい実績があります。

  • 日本最大のヘッジファンド専門投資助言会社(金融庁登録) 投資助言契約額900億円以上を創業者CEOとして達成
  • 日本で最大の富裕層向けオンラインマーケットプレイスを大企業と連合して立上げ、富裕層会員の資産総額1兆円を創業者CEOとして達成
  • 香港での法人向け証券会社の立ち上げと売却を創業者CEOとして達成
  • JAFCO・東京海上日動火災・みずほ系VCから総額5億円以上の資金調達実績あり

>> 高岡 壮一郎の詳しい経歴をみる

国際出願されているビジネスモデル特許
SocialGoodの価格や価値は、複数の「ビジネスモデル特許」に支えられています。

Social Good エコシステム™の仕組み

ブロックチェーン技術とAIにより、エコシステムへの参加者全員が経済的メリットが得る設計が可能となりました。
これにより、社会貢献へのインセンティブが自然に生まれるのです。

消費者と企業と資産価値が増加し続ける好循環モデル
ネットワーク効果によって
Social Good エコシステム™が益々発展
Social Good エコシステム™の世界20か国以上へのグローバル展開

世界21か国で、フランチャイズ形式でSocial Good エコシテム™は拡大していきます。21か国で企業が参画し、各国の仮想通貨交換所でSocialGoodが取り扱われる予定です。
詳しくはWhitepaperをご覧ください。

まずはGDP世界上位を中心に以下の21か国を当初の対象とする予定
今から3年後、世界のGDPの何割が、Social Good エコシステム™に組み込まれるのでしょうか?

達成事項とロードマップ

日本最大級の富裕層向けプラットフォーム事業や、グローバルな金融事業で10年以上にわたり蓄積した顧客基盤・取引ネットワークを活用して、2018年からSocial Good プロジェクトを開始しました。

AMBASSADOR PROGRAM
ブログやSNSで、社会を良くしていきましょう。

Social Good エコシステム™に参画する人が増えれば増えるほど、社会貢献団体への寄付が増え、社会的課題が解決するきっかけとなります。ブログやSNSでSocialGoodを紹介頂いた方に、SocialGoodを差し上げるアンバサダープログラムをご用意しました。
あなたもSocial Good プロジェクトに参加して、一緒に社会を良くしていきましょう!

Media & Publicity About Our Partners

The Wall Street JournalForbesNewsweekReuters、日本経済新聞、日経ビジネス、朝日新聞、読売新聞、NHK「日本のこれから」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、TBS「バンキシャ」、週刊ダイヤモンド、東洋経済、エコノミスト、週刊文春 他